在日コリアン3.5世の言霊

kotodama04.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 11日

在日コリアンってなんだろう

久しぶりの更新。読んでる人もいないので気楽に書くことにします。
なんていうか、自分の中で外に向かう時期と中に向かう時期がある気がする。
最近また、外向きに発信したい気分になりました。


最後の更新から1年半。今、昔のブログを読み返しても、自分が根本的には変わってないなと思う。意見の枝葉の部分では知識の増加にともなって変わったところもあるけれど。

というわけで今日のテーマは題名の通り。

在日コリアンってなんだろう?

昔の自分の日記では、
1、“日本による朝鮮統治(植民地)時代から戦後にかけてそれぞれの理由で来日し、継続的に日本に在住した人々(いわゆる1世)及び、その子孫達(2世・3世~)”
という意味で使ってきた。

現在は「在日コリアン」という言葉は上以外にも、
2、“留学や仕事などで日本に来て、一定期間生活している人々”
のことも指す。

さらには1でも2でもない「在日コリアン」もいる。
3、来日した2の「在日コリアン」を親とする人たち。そしてその子孫達。

大きく分類してこの3つが「在日コリアン」という言葉が表わす人たちではないだろうか。

おれが大学に入ったころよくいわれた「日本語うまいね」やら「いつ国(韓国)にかえるの?」っていう質問達は、おれを2の「在日コリアン」と思ってのことだろう。

現在韓流ブームの後押しもあってか2の人たちに関する認知度は高い。そして、その来歴もわかりやすく、他の外国から来た人々も多いため、その存在に違和感はない。
その結果、1と2の混同が起きているのではないだろうか。まず、この違いを知ってもらわなければ、1の「在日コリアン」に関するあらゆる問題の説明が曖昧なものになってしまう。

そして、最近3の人のことも意識するようになった。この「在日コリアン」に関しては韓国籍ではなくても、日本で増えてきていることなので、説明はさほど難しくないように思える。むしろ、こういう人たちのことを考えてなかった自分にぞっとした。

3つの「在日コリアン」がいる。この3つの違いを明確にすることも大事なことだという風に思う。違いを明確にしておかなければ1の「在日コリアン」の説明がとても難しい気がするから。

とゆーわけで、久々の更新はこんな感じで。。
[PR]

# by kotodama0401 | 2008-02-11 04:58 | 在日コリアン
2006年 05月 06日

おれは在日コリアン。

お久しぶりですkotodamaです。
あまりに久しぶりすぎて↑の挨拶に違和感を感じてしまいました。

さて、更新していない間お元気でしたか?

おれには色々ありました。

今まで「おれ」という呼称はあまり使ってこなかったのですが、なんとなくこの方が素直に書ける気がしたので本日の呼称は「おれ」です。

まずこの期間おれがしていたことをちょっとだけ。

多くの日本人と在日コリアンと一緒に同じ目標に向って頑張っていました。
直接的に書いてしまってもいいのですが、なんとなく照れくさいので曖昧な書き方にしておきます。
そこで沢山の出会いがありました。

おれは「それなりに空気を読む」のが結構得意で、大学に行ってもバイトをしてもそれなりの距離を保ちながら人と付き合うのことが出来たので、高校を卒業して日本社会にでた後でも孤独に打ちひしがれたりするような事はありませんでした。でも、高校の頃の友人達のようにかけがえの無い友人を得ることはありませんでした。
朝鮮学校に通ってた頃、そこでであった多くの友人とは間違いなく絆が結ばれました。それは同じルーツをもち、自然と近くにいたことで結ばれたものです。
でも、大学やバイト先では違いました。同じルーツを持ってないから?
いや、そのせいではありません。

映画「GO」のヒロインのセリフで、主人公に向って言うセリフにたしかこんなものがありました。
"・・・あなたが、ナニモノかなんて関係ない・・・"

このセリフはつまり、「あなたのルーツとか国籍とか関係ないよ。同じ人間なんだから」ということです。たぶん「GO」に感動した、共感した、という人達のそのわけはここに収束されるのではないでしょうか。
そしてこの考え方は素晴らしいものとして多くの日本人・在日コリアンの中に浸透しています。
「kotodamaがナニモノかなんて関係ないけどとりあえずいいやつ。とりあえずトモダチ」
こんなことを直接言う人間なんていませんが、そういう接し方なのです。
おれがいいたいのは、友達になる前に国のことやら在日のことやら自論を話し合わなきゃだめだ!ってことではありません。
人と人とが繋がる時にルーツや過去は、やっぱり欠かせないものだと思うんです。
人間は1人1人違います。「同じ」じゃありません。
そのことを、ここ最近で強く感じました。
そしてその後にそれ以上の強さでこう感じました。

「人と人とか繋がるのにナニモノかなんて問題じゃない」

おれは在日だし、あいつは日本人。隣のあいつは在日。
「同じ人間」として一緒にいるのではなく、「それぞれ違う、けど同じ目標を目指して一緒に頑張ろう」という経験をしました。そしてそこで出会った人たちとは、それぞれに絆が結ばれたと思っています。

おれは、「在日も日本人みたいなもんじゃん、同じとこでうまれたし考え方もにてるし」というスタンスの人とはきっと心の奥底では信頼しあえないみたいです。
この考え方は多くの日本人や、在日でも共感してくれないかもしれません。
だから一在日のたわごととして聞いてください。

おれは在日コリアン。
あなたとは違います。
でも、あなたとは信頼し会えると思っています。

そういうスタンスでこれから生きていく。そう決めました。そして、

おれは日本人。
お前とは違うよ。
でもお前とはうまくやっていけると思う。

そう受け止めてくれる日本人がいること、確信しています。
[PR]

# by kotodama0401 | 2006-05-06 09:13 | 自分
2006年 02月 27日

昔の友達に頼みごとをするような気持ち

それは久々にブログを更新する気持ち。

どうもお久しぶりです。申し訳ございません、kotodamaです。

今、ちょっと自分の中で変化が起きています。

色んな出会いがありました。

根本は変わりませんが、何かが変わりそうです。

そして忙しいです。

ともかく、ブログは続けていくのでご覧になって下さってる皆々様。
どうぞ気長に見てやってください。
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]

# by kotodama0401 | 2006-02-27 04:28 | その他